カットできる諸経費とは

カットできる諸経費とは

カットできる諸経費とは?
車両本体とオプション値引にばかり気を取られがちですが、見積書の中にはカットすることの出来る項目が存在することをご存知でしょうか?
契約直前にカットを申し出れば数万円得するのですから、これは申し出ないわけにはいかないですよね。

 

 

車庫証明の取得方法

大体のディーラーがその取得代行費用を15000円以内に設定していますが、中には20000円近く取るディーラーもあります。
地図を書くことが出来れば誰でも簡単に取得することが出来るものなので、これは自分で取得して節約に努めたいですね。

 

  1. まずは書類を揃えましょう
  2. 管轄している警察署の交通課に行き「車庫証明の書類を下さい」といえばOK。手なれた対応で書類一式を渡してくれます。
    主な書類
    ・自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書・自認書または保管場所使用承諾書・保管場所の所在図、配置図

     

  3. 4つの書類を記入
  4. 渡された4つの書類の中に「保管場所の所在図、配置図」というものがあります。
    この書類には、配置場所(自宅や契約駐車場)の地図と、敷地のどこに止めるかを書きます。今ならネットの地図サイトを参考にすると簡単に書くことが出来ます。

     

    「自動車保管場所証明申請書」「保管場所標章交付申請書」には車体番号を記入します。ディーラーにクルマかが届いたら教えてもらうようにしましょう。また、自宅の場所は自認書、契約駐車場の場合は大家さんに「使用承諾書」を書いてもらいましょう。

     

  5. 警察署へ書類の提出
  6. 車庫証明の申請には、都道す件に収める費用がかかります。この金額は都道府県によって多少じょうげしますが、申請時は2000〜2200円。ちなみに、東京都の場合は2100円です。
    また、提出の際には「クルマの使用本拠地」が確認できる免許証か住民票などが必要になります。万が一、書類に不備があってもその場で警察が教えてくれるので安心です。

     

  7. 一週間くらいで出来上がり
  8. 書類を提出すると「何日までに出来上がります」と言われます。そして、受け取るときには「保管場所標章」ステッカー代(500円くらい)を支払い、2枚の書類を受け取れば車庫証明の取得は完了。
    その中の「保管場所証明書」はディーラーに渡してください。
    「保管場所証明書」→ディーラーへ渡す
    「保管場所標章番号通知書」→自分で保管
    「ステッカー」→車に貼る

即日に標章の交付も可能な軽自動車はもっと簡単

都道府県によっては、軽自動車でも保管場所の「届け出が必要になります。
でも、普通乗用車(普通車)とは違って保管場所標章のステッカー代だけでもOK(約500円)。書類は普通車とほとんど変わりませんが、申請ではなく届出なので即日交付してくれる警察署もあります。
契約駐車場の人は、早めに書類を書類を揃えておくとスムーズですね。

 

 

その他の諸経費用と同じで、交渉最後の切り札言いましょう!

カットできる諸経費とは
交渉は最後の最後。営業マンが気を抜いたハンコを押す直前で言う。
購入交渉を始めた時から「車庫証明書は自分で取ります」と言ってしまうとどこかの値引き分に入ってしまいますので、契約書のハンコを押す直前に申し出ましょう。ガソリン満タンなどの要求も同じタイミングです。