購入時に必要な書類とカットできる費用

クルマ,中古車,新車,購入時に必要な書類,カットできる費用

ここでは、車を購入す時に必要となる書類と合わせてカットできる費用を紹介して行きます。

購入時に必要な書類

車庫証明書

クルマ,中古車,新車,購入時に必要な書類,カットできる費用
自宅から半径2km以内に自動車の保管場所を設定し警察署に届ける書類です。販売店に代行依頼することが多いですが自分でも取得可能です。

 

 

印鑑証明書

クルマ,中古車,新車,購入時に必要な書類,カットできる費用
登録時に使う印鑑が実印ですので、それを証明するための書類になります。登録時に1通必要ですが、下取り車がある場合は2通必要となります。

 

 

委任状

クルマ,中古車,新車,購入時に必要な書類,カットできる費用
登録や名義変更など、販売店や他人に代行を依頼する時に必要となります。自分がその人へ代行を依頼したという証明書。

 

 

譲渡証明書

クルマ,中古車,新車,購入時に必要な書類,カットできる費用
車の売り手が買い手に対して「この車を譲渡する」ということを表す書類です。実印を押す必要があるので注意が必要です。

 

覚えておきたい見積もり書の用語

 

自動車税

自動車の排気量に応じて都道府県に収める税金。登録の翌月から年度末まに分を納めます。軽自動車場合は月割り制度がありません。

 

 

自動車取得税

自動車を取得するとき都道府県に納める税金です。新車の場合は(車両本体価格の+付属品)×0.9の5%(軽自動車の場合は3%)がその額に当たります。

 

 

自動車重量税

自動車の重量に応じて国に支払う税金です。車検期間の分をあらかじめ納めなければいけません。また、自動車リサイクル法による還付制度もあります。

 

 

検査登録手続き代行費用

購入する車両の検査や新規登録、移転登録を販売店が代行する場合に生じる費用。複雑なのため代行を依頼するのが一般的です。

 

 

車庫証明手続代行費用

車庫証明書の申請の手続きを販売店が代行する場合に生じる費用です。車を保管する場所の地図を書いた書類を最寄りの警察署へ提出して取得します。

 

 

下取車手続代行費用

下取り車がある場合、使用人の名義を変更したり末梢する手続きを販売店が代行する場合にかかる費用のことです。

 

 

納車費用

購入車を受け取る際に、ディーラーに依頼して指定の場所まで持ってきてもらうための費用。自分で店頭に出向けばもちろん無料です。

 

 

検査登録法定費用

購入した車を使用するには、検査登録を受けなければいけません。この手続きをするために関係官庁へ納入する手数料の事。

 

 

法定費用

検査登録費用や車庫証明費用等、購入車を使用できるようにするための手続きにおける手数料のとこです。消費では課税対象外になります。

 

 

注文書

買い手が「私はこういった車を注文します」として売り手に渡す書類です。契約書と一緒ににしているディーラーもあります。

 

気軽に作成を依頼できる“見積書”ですが、契約までに何枚作成するかは人それぞれです。その内容はほとんどのメーカーで共通しています。
書かれている金額の内容をくまなくチェクして無駄な出費なしで本契約に結び付けましょう。

 

 

カットできるのはこの項目

車庫証明手続き代行費用

約11500円〜20000円
法定費用の証紙代金(地域によい異なります)は必要ですが、こちらを参考にしていただければ誰にでも出来る手続きです。臆せずに挑戦してみてください。

 

下取り査定料

約5000円〜8000円
下取り査定をディーラー側から申し出てきた場合でも、見積書にはほとんど明記されています。この点は指摘してカットしてもらいましょう。

 

納車費用

約7000円〜10000円
自宅まで納車してもらう場合は発生しますが、ディーラーに取りに出向けば当然不要になります。ポイントは下取り車や代車と交換にすることで手間が省けます。

 

下取り車手続き代行費用

約5000円
道路運送車両法においては、購入した側が手続きを行うように定められています。ですのでディーラーが買い手という立場ですので支払は不要になります。

 

ポイント

初回交渉からカットの要求をしないことです。交渉の最終段階で切り出しましょう。